こんな階段は危険?リフォームすべき階段の特徴

>

リフォームが必要な危険な階段とは

どんな事故が起きやすいか

乳幼児や高齢者に事故が起きやすいとご紹介しましたが、いくつか事故の実例をご紹介しましょう。

幼児ですと、階段を降りれらる年齢ではないのに階段まで一人で行ってしまい落下してしまうという事故は多く聞かれます。
洋服の裾を踏んでつまずいたり、ストッキングが滑ってしまったりという事故も起きています。
また、滑り止めをつけていても、その滑り止めそのものに躓いたという事故も発生しています。

明かりが乏しく、段差を把握できなかった等起きうる事故は、すぐ身の回りにあるようです。

このようにご紹介していくと、年齢を問わず階段での事故が起きる可能性があると言いえるでしょう。
普段の生活ではあまり気に留めることはありませんが、しっかりと安全対策をし、危険を回避したいものですね。

何に気を付ければよいのか

まずは、簡単ですが急いで階段を上り下りせず余裕をもった行動をする事が大切でしょうか。

階段に余計なものを置いて、更にせまくしたりなどはもっての外という事なります。
また、明かりが少ない階段の場合は、足元灯などの明かりが足せるとよいでしょう。
スリッパを履いたまま上り下りをすると滑る原因にもなるので、階段下で脱ぐというものひとつの手でしょうか。
そのような予防策が出来ない乳幼児を階段の近くで遊ばせるのはやめ、目を離さない事も大事ですね。
ひとまず、すぐに出来る予防策は実行してみてはいかがでしょうか。

ご自身で身を守る対策をしていただいた上で、階段自体を安全にするそれぞれのチェックポイントや安全対策を細かくご紹介していきます。