こんな階段は危険?リフォームすべき階段の特徴

>

階段の安全への対策とリフォーム

すぐに出来る安全対策

すぐに出来て、安全対策としてのポイントが高めなのはやはり手すりの設置と言えるのではないでしょうか。
どの年代でも滑った際の支えになる手すりは、見た目こそおしゃれではありませんが、安全性を高めるためには必要と言えます。

また、滑りやすい素材の場合は滑り止めを付ける事もよいでしょう。
それ自体に躓くことがあるため、形状をよく確かめる事が必要です。

また、乳幼児がいらっしゃるご家庭にはベビーフェンスの設置も有効です。
フェンスがあれば、お子様が一人で階段に近づくことはありません。
階段に明かりが少ない場合、ワット数を上げるか、フットライトのようなものを足元の邪魔にならない場所に設置するとよいでしょう。

このように、明日にでもできる安全対策も考えてみると色々ありますね。
それぞれのご自宅に合った、安全対策が見つかるといいでしょう。

リフォームをしようと思ったら

急こう配な階段の場合、どうしても大幅なリフォームが必要になります。
緩やかな段差にする場合、どうしても階段自体の面積を増やす必要がでてきます。

大きな変更を伴う場合、2倍の面積が必要になってしまう事も考えられます。
そのような大がかりな工事が難しい場合は、段違い階段という一歩ずつ上がるタイプの階段にする方法もあります。
慣れるまでは注意が必要なようですが、面積を有効活用するには良い方法と言えそうです。

また、古い階段だと踏板だけの階段も存在しますが、そういった階段の場合は、段数を増やす事で安全性を高める事も出来ますので、信頼できるリフォーム会社を見つける事が何よりも大切なようです。

工事中は日々の生活にも支障が出る場合もあるため、慎重に検討する必要がありそうですね。